SAMSARA

人気があるかわいい絶滅危惧種- それぞれの原因と豆知識 -

絶滅危惧種に指定されている動物たちの中には、私たちがよく知っているかわいい動物たちも多数存在します。今回は、人気があるかわいい絶滅危惧種の動物についてご紹介します。

KOALAコアラオーストラリアに生息する絶滅危惧種

絶滅危惧種の中でもとりわけ知名度が高いのがコアラです。日本ではコモリグマ・フクログマなどとも呼ばれています。かわいい動物としても人気のコアラですが、様々な要因により個体数が減少しています。

コアラが抱える問題

絶滅危惧種にコアラが指定されてしまった原因は以下の通りです。

  • 森林の伐採や山火事など生息地の環境破壊
  • 毛皮にするための狩猟
  • イヌからの捕食
  • 交通事故

日本でコアラに会える場所

日本では特定の動物園にて絶滅危惧種に指定されているコアラと出会えます。

  • ・東京都多摩動物公園
  • ・横浜市立金沢動物園
  • ・埼玉県こども動物自然公園
  • ・淡路ファームパーク イングランドの丘
  • ・神戸市立王子動物園
  • ・東山動植物園
  • ・平川動物公園

以上の動物園にて、コアラのかわいい姿を間近で見られます。

OWLシマフクロウ狭い分布域に住まう絶滅危惧種

シマフクロウは極棟地域の狭いエリアに生息している鳥類です。絶滅危惧種に指定されているシマフクロウは、日本の北海道および北方領土にも存在しています。珍しくかわいいシマフクロウを一目見たいと、北海道に行ったら遭遇ポイントに足を運ぶ人も多いでしょう。

シマフクロウが抱える問題

絶滅危惧種となってしまったシマフクロウ。その背景には、人間の生産活動があります。

  • 生息地域の環境破壊
  • 水質の汚染
  • 交通事故
  • 繁殖の妨害

上記のような理由から、シマフクロウの数は激減してしまいました。行動がとても繊細なので、繁殖期に人間が近寄ってしまうと繁殖を投げ出したりすることもあるのです。

日本でシマフクロウに会える場所

絶滅危惧種であるシマフクロウと、日本で会える場所は北海道にある「釧路市動物園」と「民宿 鷲の宿」が有名です。「民宿 鷲の宿」は遭遇ポイントとして、給餌したりシマフクロウのストレスにならない照明を設置しています。

WOLFオオカミ長らく絶滅危惧種だった動物

オオカミはイヌ科イヌ属に属している哺乳動物です。多数の亜種が存在しますが、通常「タイリクオオカミ(ハイイロオオカミ)」を指します。

オオカミが抱える問題

オオカミはとても賢い動物です。そのため、人間が飼っている家畜をうまい具合に仕留めます。しかも、罠にはかからない――人は、オオカミを駆除するようになりました。

オオカミは45年以上にわたって絶滅危惧種の動物として、レッドリストに記載されていました。しかし、2020年10月29日……FWSは米国本土においてオオカミは絶滅危惧種ではないという声明を出しました。ただ「絶滅危惧種から外れた」と聞けば嬉しいですが、実はそうとも限りません。

アメリカでは現在、オオカミの管理を国ではなく州単位でおこなっています。という事は、まだ安心できる状態では無いという事でもあります。このことについては、時期尚早だとの声も上がっているぐらいです。

※地域亜種・メキシコオオカミや近縁種・アメリカアカオオカミなどはまだまだ絶滅危惧種指定されています。また、環境などについても改善されたわけではありません。

日本でオオカミに会える場所

オオカミは動物園で会うことができるでしょう。「東京都多摩動物公園」や「旭川市旭山動物園」など、様々な工夫を凝らしてオオカミを展示しています。

コンテンツ一覧