SAMSARA

身近なかわいい動物がいなくなる?- 絶滅危惧種の動物たち -

絶滅危惧種の動物は、自分とは縁遠い動物たちだと思っていませんか? コアラやゾウ、オオカミやシマフクロウ、コビトカバなど動物園でも見たことがある動物たちが、絶滅危惧種もしくはそれに準ずる動物としに認定されています。

この記事では、絶滅危惧種とは何か? 北海道や沖縄など日本国内を中心に、どんな動物が絶滅危惧種に認定されているのかをご紹介します。

絶滅危惧種とは?

絶滅危惧種とは、1個体も存在しない「絶滅」の状態に陥る可能性が最も高い種・亜種のことを指します。日本でも北海道のシマフクロウ、沖縄のイリオモテヤマネコなど、様々な生き物が絶滅危惧種として生存の危機に直面しています。

絶滅危惧種以外にも、現時点において絶滅の危険性は低いけれど、存続基盤が脆弱な種「準絶滅危惧種」、絶滅危惧ランクを判定するための情報が不足している種「情報不足」、エリア的に孤立している個体群の中でも絶滅する可能性が高い「絶滅のおそれのある地域個体群」といった判定ランクが存在します。

動物たちが絶滅しそうな理由

  • 密猟や乱獲

  • 土地の開発

  • 土地の汚染

  • 気候の変化

  • 外来種

動物たちが絶滅危惧種に指定されてしまう背景には、上記のように人間の生産活動があります。

レッドリスト

「レッドリスト」は絶滅してしまう可能性がある野生生物のことです。国際自然保護連合(IUCN)や、日本においては環境省・NGOなどがリストを作成しています。

絶滅危惧種の動物を守る理由

可哀想だから、かわいいから。そういう理由はもちろんあるでしょう。けれど、絶滅危惧種の動物を守るのには他にも大切な理由があります。この項目では「どうして絶滅危惧種を守らなければならないか」について、しっかりと説明します。

  • REASON1価値あるもの

    この世界に存在する全ての種は、地球が生まれて今日に至るまで長い年月を経て形成されてきた歴史そのものです。どの種も価値がある大切なものなのです。

  • REASON2生態系のバランスが崩れてしまう

    多種多様な生命は、それぞれが複雑に絡み合って成り立っています。一つの種がいなくなってしまう……絶滅してしまうということは、複雑な生態系のバランスを崩すことに繋がってしまうでしょう。

  • REASON3助け合う存在

    絶滅しそうになっている動物たちと私たち人間は、共存関係にあります。今後、現在は治療が難しい病気に効く薬の成分を、絶滅危惧種の動物たちが生成できる可能性だってあるでしょう。そして、地球上の生態系バランスを保つためにも一つひとつの種が必要な存在です。私たちが「絶滅危惧種を守る」というだけでなく「絶滅危惧種に守られている」状況であることも忘れてはなりません。

絶滅の危機に瀕している国内の動物たち

すぐに合いに行ける動物の中では、コアラやゾウが絶滅危惧種に指定されているのは有名です。 その他にも、世界にはたくさんの絶滅危惧種の動物たちが存在しています。この項目では、特に多い、北海道や沖縄など日本国内の絶滅危惧種についてお伝えします。

  • 絶滅危惧種・北海道の動物

    絶滅危惧種として北海道が保護に努めている動物はシマフクロウ、タンチョウ、オオワシ、オジロワシなどです。

  • 絶滅危惧種・沖縄の動物

    絶滅危惧種として沖縄県が保護に努めている動物はイリオモテヤマネコやヤンバルクイナ、ノグチゲラなどです。

絶滅危惧種の動物たちを守るための第一歩として、どんな動物たちが絶滅しそうなのかを知るのはとても重要なことです。知ることができたなら、「私たちは一体何をするべきなのか?」「どうすれば絶滅危惧種の動物たちを守れるのか」を一人ひとりが考えることができるでしょう。

コンテンツ一覧